新規会員登録はこちら
メルマガ
カートの中身を見る

名前

店長の石橋です!

メモ

ご来店ありがとうございます。

お待たせいたしました。千葉県八街市産千葉半立種の落花生、いよいよ新豆を出荷開始です!
新豆は抜群に香りが良いです。濃厚な味の「千葉半立」をぜひ召し上がってみてください!!

◆ 営業時間のご案内 ◆
平日9:00〜17:00
インターネットでのご注文、メールでのお問い合わせは24時間受付しておりますが、営業時間外及び休業日(土日祝日・年末年始等)に頂いたご注文の出荷及びお問い合わせメールへの返信は翌営業日に順次対応させて頂きますのでご了承ください。

習志野ソーセージ
「習志野ソーセージ」は日本のソーセージ製法伝承の地といわれる習志野市で当時のレシピを基に再現された地域ブランド商品です

千葉県千葉郡幕張町実籾(現・習志野市東習志野)には、1915年(大正4年)9月から1920年(大正9年)1月までの間、第一次世界大戦中に日本の捕虜となったドイツ兵約1000人が収容されていた「習志野俘虜収容所」がありました。
大正7年、高栄養価食品としてソーセージに注目していた当時の農商務省は、ドイツ国内でソーセージ職人だったカール・ヤーン氏ら5人が実際に収容所内でソーセージを製造している事を知り、千葉市に新設された農商務省畜産試験場の飯田吉英(ヨシフサ)技師を収容所に派遣し、カール・ヤーン氏達からソーセージ製造の秘伝を公開してもらいました。
そしてこのソーセージ製造技術が、農商務省が開催した講習会を通じ日本全国の食肉加工業者たちに伝わっていく事になったのです。
この事から習志野市は「日本のソーセージ製法 伝承の地」といわれるようになりました。

習志野商工会議所では、約100年前にドイツ式ソーセージの製造法が習志野市内で伝えられたという歴史的事実とそのレシピをもとに、「習志野ソーセージ」を地域ブランド(ご当地グルメ)として開発しました。

習志野ソーセージの特徴
^貳姪によく食するソーセージは「羊腸」を使用することが多いのですが、この商品は「豚腸」を使用しています。
表面をよく焼くことでより美味しく仕上がります。

∋藩僂垢觚粁粗を発色剤を用いないで塩漬けにした無塩せきソーセージです。
加えてリン酸塩・保存料も使用しておりません。

E時のレシピに基づき、塩分の配合割合は2.0%に致しました。
ヨーロッパでは食肉加工品は保存食品として発達しましたので、塩分濃度は濃い目です。

(以上習志野商工会議所HPより引用)

習志野ソーセージは冷凍でのお届けとなります。
必要な本数だけを冷蔵庫で解凍し、フライパン等で中心部分が温かくなるまでじっくりと焼いてお召し上がりください。
ただ保存料を使用していないため、解凍後は日持ちしません。
必ず冷蔵庫に保管し2日以内にお召し上がりください。

<商品内容>
習志野ソーセージ
100g×5パック
100g×8パック
※【お選び下さい】でご希望の商品を選択してください。

<原材料>
豚肉、豚脂、食塩、砂糖、香辛料

<賞味期限>
要冷凍(−18℃以下)で1年
※解凍後は要冷蔵で2日

<販売者>
習志野商工会議所(習志野市)
販売価格

2,593円(税込2,800円)

購入数
お選び下さい

オプションの価格詳細はコチラ